5/2 文殊岳

日付;平成22年5月2日
メンバー;dakuroh,itoken,otomo,uni,kon
山名;文殊岳
天候;晴れ後一時雪
靴;X-Adventure 8
板;XCD-GT

2日目はGWに入って初の晴れ.
大平の駐車場はあっという間に満杯.
皆の待ちかねていた感じが伝わってくる.

日差しの割りに気温は低く,登りには都合が良い.
御浜小屋についたところでuni氏が面ツルの鳥海湖へ滑り込む.
雪は絶妙のフィルムクラスト,シャラララ~とBGM付き.

各人1~3本滑ってから文殊を目指す.
文殊で先行していたkon氏と合流,湯ノ台から上がってきていたK夫妻ともばったり.

風が冷たいので早速滑降.
文殊斜面は予想より柔らかく,細板でも楽しめる.
みな奇声を上げながら滑る.

あっという間に千畳ヶ原まで降りる.
文殊斜面を見上げながらのランチは至福のひと時.

食後は鳥海湖に向って登り返し.
このあたりで雪が降り始め,一瞬吹雪模様に.

しかし,登り返しが終わる頃には再度回復.
気温が下がったおかげで雪も適度にしまり,ここでも快適滑走.

食後のデザート斜面はシャーベット→ジェラート→ドンドルマと変化.
最後のねっぱり斜面を慎重にこなし登山口へ.

今回も文殊様の御利益ツアー.
御一緒したみなさん,ありがとうございました.

a0043193_22323065.jpg

a0043193_22325143.jpg

a0043193_2233598.jpg

a0043193_22331972.jpg

a0043193_22333522.jpg

a0043193_22335326.jpg

a0043193_22341573.jpg

a0043193_22343195.jpg




(今回の教訓)
ウロコに液体ワックスを入れすぎて失敗,ほとんど登れずシールを使用.同じ板のotomo氏はサクサク登っていたのに(涙).ステップソールには手をかけ過ぎないのが正解.「桜切る馬鹿,梅切らぬ馬鹿」って感じ.

(おまけ)
下山後,平牧直営「とんや」で三元豚ロースかつを食す.
甘くておいしい肉はツアー後の疲れた体にぴったり.
[PR]
by dakuroh | 2010-05-03 21:49 | テレマーク