晩秋の障子ヶ岳周遊(11/3)

日付;平成17年11月3日
メンバー;単独
山名;障子ヶ岳
天候;晴れ後曇り

文化の日は日本海側にも久々の晴れマーク.
これはもう一度朝日に行かねば,というわけで障子ヶ岳へ.
登りは紫ナデ,下りは竜ヶ岳経由とした.
取り付きから急斜面のブナ林を登る.
a0043193_1303721.jpg山腹の紅葉も終盤

潔い急登が続き,あっという間に高度を上げる.
a0043193_1304619.jpg登山道越しの障子ヶ岳


稜線に出ていくつかアップダウンをこなすと紫ナデ.
障子ヶ岳東壁のスラブが圧倒的に迫る.
これで標高1500m弱なんて信じられまへん.
a0043193_11174026.jpg

紫ナデからは一登りで障子ヶ岳山頂へ.
朝日・月山・蔵王・吾妻連峰などが見渡せる.
a0043193_13354997.jpg

a0043193_1311390.jpg右に月山
遠くに鳥海山

ひとしきり眺めを楽しんだら下山にかかる.
粟畑付近からはピラミダルな障子ヶ岳が楽しめる.
a0043193_1312547.jpg

長い下りに飽きて来た頃,南俣沢出合に到着.
大井沢温泉が激混みだったためそのまま帰宅.
a0043193_1313540.jpg秋の名残り

コースタイム;南俣沢出合(6:45)---林道終点(7:00)---紫ナデ(9:15)---障子ヶ岳(10:15)---粟畑(11:10)---南俣沢出合(13:30)
a0043193_131536.jpg

[PR]
by dakuroh | 2005-11-04 13:05 | トレッキング | Comments(0)