テレマーク覚え書き4

切り替え時,上体の向きについて.
よくやるミスは次の通り.

スキーを早く回したいとあせる.

切り替えの時,最初から上体をひねる.

内足荷重が不十分なままエッジだけが立ってしまう.

外足荷重過多でいつもの失敗.

というわけで,「切り替えの時,上体はスキー進行方向に向ける」のが基本.
内足荷重を重視するとはいっても,実際は外足にも加重している.
両足にバランスよく加重するためには変に体をひねらず,まっすぐにしておくのが自然.

ここを過ぎてからエッジングするために体をひねる.
[PR]
by dakuroh | 2006-05-29 17:58 | テレマーク | Comments(0)