6/2鳥海(祓川~七高山~唐獅子平)

週末晴れの予報に,今度こその板納め.

日付;平成19年6月2日
メンバー;dakuroh,ヒナザクラ
山名;鳥海山
天候;晴れ

靴;T3
板;superstinx

仙台発5時,108号経由,約3時間で祓川へ到着.
a0043193_17242515.jpg新緑と
鳥海

駐車場の入りは5割程度.
GWの喧噪はないが,やはり好き者はいるもので.

ここでヒナザクラさんと合流,彼は山頂小屋泊の予定.
「今日明日の天気だと,影鳥海見られそうですよ.」
グラッとくるが,久々のツアーなので無理しないことにした.

竜ヶ原湿原の木道を過ぎたところで板をはく.
この後は一度も板を脱がずに山頂まで(時期的にはギリギリ).

登っていると暑いくらいだが,時々雲がかかるとひんやりして気持ちいい.
1400mを過ぎるとブヨ攻撃も一段落.
a0043193_1725251.jpg時雲

途中の雪面も6月としてはいい状態,去年よりクラックが明らかに少ない.
順調に高度を上げていく.
a0043193_17252717.jpgskyline
& skier

振り返ると雲海.
前回やられた強風はなく,とても爽やか.
a0043193_17282543.jpg

舎利坂の下で小休止.
息を整えてから急登にかかる.
a0043193_17254545.jpg舎利坂
下から

3時間ちょいで山頂到着.
七高山は大賑わい,小学生も頑張って登って来ていた.
a0043193_1732212.jpg七高山
から北面

虫穴下に移動して昼食.
このあたりでランチしているのはテレマーカーばかり.
しかも,見覚えのある顔が多い.

ランチの後は東面を滑る.
1ヶ月ぶりの滑り,まずは慎重に.
1900mくらいまでは快適.その下は徐々に縦溝が深くなる.
a0043193_1726972.jpgskier
ヒナザクラ

止まっては振り返りつつ唐獅子小屋まで.
a0043193_17264129.jpg東面

小屋で少し休んでから登り返しにかかる.
1900mまで登ったところで祓川方面へトラバース開始.
ここで山頂へ戻るヒナザクラさんと別れる.
a0043193_17285584.jpg唐獅子平
から

ここから今シーズン最後の滑りを楽しんだ・・・
と言いたいところだが,足が売り切れ.
ツーステップターンを多用して降りる.

滑りに課題を残したものの,ツアーとしては大満足.
ヒナザクラさん,ありがとうございました.

(後記)
フォレスタ鳥海で汗を流し,大清水小屋へ.
の予定だったが,足にマメができたのと,車のブレーキ不調で急遽帰宅.

dakuroh号は再度のドック入り,今度は右後ブレーキ動作不良.

まあ,無事帰れたから良しとしますか.
[PR]
by dakuroh | 2007-06-03 17:29 | テレマーク