4/13 栗駒山

微妙な予報ながら,北の方は天気がよさそう.
つーわけで栗駒へ.

日付;平成20年4月13日
メンバー;単独
山名;栗駒山
天候;晴れのち曇り

靴;ビンソン
板;アウタバウンズクラウン

朝ゆっくりしすぎて仙台発8時半(汗).
いこいの村にはすでに車多数.

今回は新湯沢沿いでなく,岩魚沢沿いのルートで.
登りはじめは青空ものぞく.

a0043193_2133773.jpg

トラバース気味に岩魚沢へ向かい,左岸沿いに登る.
a0043193_2135892.jpg岩魚沢源頭


イワカガミ平から新湯沢へ.

C1200あたりからガスで視界不良.
安全策で夏道へ戻るが,所々雪が切れている.

視界もないし引き返そうかと何度も自問.
と,一瞬の晴れ間が.
a0043193_2141887.jpg

山頂は踏んだだけ.
直下の尾根はおろし金の上にうっすらと新雪.
今日の道具ではじっと我慢の斜滑降.

C1400くらいから雪がゆるみ滑れるようになる.
C1200からは快適ザラメ,視界も良くなりゴキゲン.
a0043193_2143393.jpg岩魚沢へ

岩魚沢を落としてからブナ林へ.
細かいアップダウンはウロコ板の独壇場.
あっという間にいこいの村到着.
a0043193_2144614.jpg

終わりよければすべてよしツアーですた.
[PR]
by dakuroh | 2008-04-13 21:04 | テレマーク