カテゴリ:トレッキング( 37 )

10/3 月山

日付;平成22年10月3日
メンバー;単独
山名;月山,姥ヶ岳
天候;晴れ時々曇り

リハビリ山行第二弾は月山へ.
登りは姥沢小屋裏,下りは姥ヶ岳経由で.
紅く染まった山頂と沢沿いの黄葉を楽しみながらゆるゆる登る.

稜線に出ると時折風が強まるが,歩行に支障をきたすほどではない.
ウインドブレーカーをはおり山頂へ.

高曇りながら鳥海山も見える.
じっとしていると寒いので,少し下って休憩.

金姥あたりもいい感じの色づき.
姥ヶ岳から下ると風も穏やかになり,ピクニック気分.

下りは日和ってリフト使用.
朝日連峰の景色を楽しみながらまったりと.
駐車場に戻ったらまだ昼前でした.

帰りは「まるきや」で冷たい肉そば&げそ天.
「ふもと」より濃い味付け,汗をかいた後はこちらが良いかも.

a0043193_812811.jpg

a0043193_8123644.jpg

a0043193_8125256.jpg

a0043193_8131626.jpg

a0043193_8133340.jpg
a0043193_8135811.jpg



[PR]
by dakuroh | 2010-10-03 19:45 | トレッキング

9/26 泉ヶ岳

日付;平成22年9月26日
メンバー;単独
山名;泉ヶ岳
天候;晴れ

久々の山行はまず近場で.
登りは滑降,下りは水神コース.
標高差600mだが,鈍った体には意外とキツイ.
爽やかな気候と見晴らしに救われる.
a0043193_16361058.jpg

a0043193_16363759.jpg

a0043193_16365276.jpg

やっぱり山の空気はいいねえ.
[PR]
by dakuroh | 2010-09-26 16:42 | トレッキング

久々の安達太良山,塩沢コース周回で.

日付;平成21年10月12日
メンバー;単独
山名;安達太良山,鉄山
天候;晴れ

塩沢スキー場からしばらくは平坦な道.
八幡滝分岐から渓谷沿いへ.

a0043193_1345399.jpg湯川渓谷


続きを見る
[PR]
by dakuroh | 2009-10-12 16:47 | トレッキング

9/27 三ッ石山

三ッ石山,裏岩手縦走路をからめ歩いてきました.

まずは源太ヶ岳を目指し,松川温泉から登り始める.

a0043193_22401264.jpg樹間より岩手山


続きを見る
[PR]
by dakuroh | 2009-09-28 20:31 | トレッキング

9/21 船形山

久々の山行はやはり船形で.
紅葉は例年より少し早め,標高1300~1500mで見頃.
谷からガスが上がってすっきりは見えませんでしたが.
a0043193_1775283.jpg

a0043193_1781030.jpg

a0043193_1782485.jpg

暑くもなく寒くもない,山歩きにはいい天気でした.

旗坂野営場(6:30)---升沢小屋(8:35)---船形山(9:25~10:00)
---蛇ヶ岳(11:00)---旗坂野営場(13:00)
[PR]
by dakuroh | 2009-09-21 17:08 | トレッキング

11/2 北泉ヶ岳

久々の山行は近場の北泉ヶ岳へ.

桑沼駐車場から大倉尾根へと上がる.
ここは短いながらもかなりの急斜面.
注連縄のようなロープの世話になる.

尾根に上がるとなだらかな道が山頂まで.

天気は晴れたり曇ったり時雨れたり.
風も強くてまったりできず.
でも,時雨の合間に虹が出てちょっと得した気分.

a0043193_2124151.jpg桑沼の虹

a0043193_1433537.jpg近くから

a0043193_14341040.jpg落ち葉ロード


帰りは大倉山経由で種沢林道,桑沼駐車場へ.

半年ぶりに使ったGPSは信号ロストしたままログも出ず.
ウインドブレーカーのファスナーには緑青が浮いてた(汗).

3時間ちょいのショートコースでしたが,けっこう疲れました.
[PR]
by dakuroh | 2008-11-02 21:24 | トレッキング

あの感動をもう一度.
つーわけで今年も行ってきました湯浜コース.
欲張って天馬尾根コースも.

日付;平成19年10月6日
メンバー;単独
山名;栗駒山,虚空蔵山,秣岳
天候;晴れ

やはりこの時期でも398号はスイスイ,家から2時間弱で湯浜到着.
一年ぶりの湯浜温泉,マスコット犬のコロンがお出迎え.
なでなでしながら登山カードに記入し歩行開始.

緑のブナ林を鼻歌交じりで登る.
湯浜古道分岐から先は去年よりぬかるみが多い感じ.
a0043193_1156140.jpg湯浜コース
樹林帯

ブナの丈が低くなってもしばらくは展望なし.
泥と苔に飽きてきた頃,小桧沢源頭の別天地に飛び出す.
わかっていても「おおっ」と声が出る瞬間.
a0043193_1157747.jpg小桧沢源頭
から虚空蔵山

木道をまったり登って・・・
a0043193_11574284.jpg

ちょっとの藪こぎで虚空蔵山頂へ.
a0043193_11582090.jpg御室岩稜と
栗駒山

a0043193_120127.jpg御駒岳は
錦の絨毯

a0043193_1202758.jpg秣岳

ここで御沢経由の方と一緒になる.
「栗駒でもこっち側は静かですね」と.
まったく同感.

いつまでも見飽きない景色だが,風も強いので本峰を目指す.
その途中でも,景色に惹かれて足は止まりがち.
a0043193_1205419.jpg大地森方面

a0043193_1211679.jpg岩鏡平へ

天狗平で須川からのコースと合流,とたんに溢れ出す人の波.
三連休に見頃がぶつかり,えらい騒ぎになってます.

山頂はtouch & goですぐ転進.
下りも渋滞,天馬尾根に入りやっと人が少なくなる.
ここからはゆるやかな尾根漫歩.
a0043193_1214256.jpgしろがね草原
と御駒岳西面

小ピーク,湿原などを経由し秣岳へ.
a0043193_1224146.jpgC1397と
小湿原

秣岳からは歩いてきた天馬尾根が一望できる.
a0043193_1234394.jpg栗駒山~
天馬尾根

秣岳からは鳥海山や高松岳,神室連峰を見ながら灌木帯の下り.
a0043193_124272.jpg

樹林帯に入り,足が疲れてきた頃,道路に飛び出す.
ヒッチハイクで湯浜まで戻り,温泉でさっぱりしてから帰路につく.

天気にも恵まれ,ラッキーな山行ですた.

登山口(7:30)---虚空蔵山(9:50~10:10)---天狗平(10:35)---栗駒山(11:00)
---天狗平(11:15)---秣岳(12:40)---登山口(13:20)
[PR]
by dakuroh | 2007-10-08 11:56 | トレッキング

足慣らしの後はメインイベント.
やっとこさの飯豊デビュー.

日付;9月29-30日
メンバー;単独
山名;飯豊本山,御西岳
天候;晴れ時々曇り(29日),晴れのち雨(30日)

久々の小屋泊まり装備.
毎度のことだが,何で避難小屋一泊で80Lザックがパンパンになるんだろ?
じりじりと樹林帯を登る.

地蔵岳から稜線に出るが,最初はガスで展望なし.
黙々とアップダウンをこなす.
切合小屋近くでやっと本山が見えた.
a0043193_2050541.jpgいいでぇ~

ガスは晴れたりかかったり.
晴れ間ものぞくが,長続きはせず.
a0043193_20544516.jpg草履塚から
飯豊本山

御秘所の岩稜を過ぎ,御前坂を登りきると一ノ王子.
水場で水筒を満たし,冷たい水でリフレッシュ.
本山小屋泊まりの予定も,余勢を駆って御西小屋まで足を延ばす.
a0043193_2055364.jpg大日岳と
御西小屋

夕方は大日岳や北方の縦走路を眺めてまったり過ごす.
この日の泊まりは8人ほど.
夕食とビールの後は早々と就寝.

翌朝は3時起床.
暗いうちに出発し,本山への途中で夜明けを迎える.
a0043193_2103354.jpg黎明の大日岳,牛首山

a0043193_20564380.jpgかわたれの
北股岳

日が昇ると印象も変わる.
a0043193_20571172.jpg

山頂付近では紅葉も.
a0043193_2057552.jpg紅葉と宝珠山

本山小屋前でティータイム.
さて,下山にかかりますか.
a0043193_2141024.jpg御秘所越え
遠くに磐梯山

a0043193_2145629.jpg本山を振り返る

草履塚付近から雨が落ち始め,切合から本降り.
雨に追われるように下山.
最後は足にきてヘロヘロ,やっとのことで登山口へ到着.

白川温泉でさっぱりしてから帰宅.
久しぶりの満腹山行ですた.

29日;大日杉登山口(6:00)---地蔵岳(8:20)---切合小屋(11:00~11:30)---飯豊本山(13:50~14:00)---御西小屋(15:30)

30日;御西小屋(4:45)---飯豊本山(5:55~6:05)---本山小屋(6:20~6:50)---切合小屋(8:10~8:20)---地蔵岳(10:20)---大日杉登山口(12:40)

P.S.
仙台~大日杉は早朝で2時間強,こんなに近いとは思わなかった.
うれしい誤算だす.
[PR]
by dakuroh | 2007-10-02 20:48 | トレッキング

9/26船形山

時期はずれの夏休み.
久々の山行,まずは近場で足慣らし.

日付;9月26日
メンバー;単独
山名;船形山
天候;曇り時々晴れ

さすがに平日とあって登山口もガラガラ.
緑の残るブナ林を楽しむ.
a0043193_10252764.jpg樹林は
まだ緑

普段よりもスローペースを意識しつつ,ゆっくり登る.
約3時間で山頂,残念ながらガスのため眺望はなし.
小屋で晴れるのを待つも雲はとれず.
あきらめて下山開始.
a0043193_10254712.jpg三峰~泉が岳
a0043193_10255727.jpg二口~蔵王

蛇ヶ岳手前,笹藪の中に獣の気配.
熊かと思ったが,臭いからするとカモシカらしい.
a0043193_1026992.jpg草原から

ゆっくり下って終了.
それでも最後は足が重かった.
やっぱりコンスタントに歩かないとダメだね.

旗坂野営場(6:40)---升沢小屋(8:55~9:00)---船形山(9:40~10:40)
---蛇ヶ岳(11:30)---旗坂野営場(13:35)
[PR]
by dakuroh | 2007-09-28 10:14 | トレッキング

7/7和賀岳(阿弥陀岳)

なかなか行く機会のなかった和賀岳.
梅雨の晴れ間にやっと登れました.

日付;7月7日
メンバー;単独
山名;和賀岳
天候;晴れ

荒れ気味の真木林道を奥へ,真新しいトイレの傍に駐車.
ちょっとの林道歩きで甘露水へ到着,ここから登山道が始まる.

アカマツの植林を過ぎるとすぐに原生林.
ブナ,ナラ,カツラなど巨木があちこちに.
a0043193_17234659.jpg巨木の森

きつい傾斜にはジグがきってあり,ほどよく汗をかきながら登る.
樹林帯を抜けると薬師岳直下.
a0043193_17241290.jpg薬師岳

稜線にでると傾斜はゆるみ,草原とお花畑.
ニッコウキスゲロードの向こうに阿弥陀岳が鎮座する.
a0043193_17242840.jpg草原と
阿弥陀岳

a0043193_17244743.jpgイブキトラノオ&
ニッコウキスゲ

しばらくはお花畑の中を漫歩
すでに十分報われてます.
a0043193_1725792.jpg

a0043193_17252416.jpgイブキトラノオ
背後は小滝山

あまりにも雰囲気が良いので,腰を下ろして一休み.
a0043193_17254851.jpg

ここではみなさんスローダウン.
a0043193_172675.jpg

お花畑を過ぎると,小杉山,小鷲倉と稜線歩き.
笹藪気味だが,好天で朝露も乾きラッキー.
a0043193_17262134.jpg和賀岳
遠景は岩手山

a0043193_17264214.jpg山頂直下から

山頂では奥羽山脈のど真ん中にいることを実感.
a0043193_17265662.jpg高下岳

a0043193_17271572.jpg羽後朝日岳
背後に
秋駒~岩手山

ランチと展望を楽しんだ後は下山にかかる.
a0043193_17273450.jpg小杉山
付近から
振り返る

帰りも薬師平で腰を下ろしてまったり.
再度極楽の雰囲気を楽しむ.

薬師分岐で大甲経由の下山も考えたが,藪が濃そうなので却下.
そのまま往路を戻る.

107号経由,巣郷温泉「峠の湯」で汗を流し帰宅.

甘露水(7:45)---薬師岳(9:40)---小杉山(10:20)
---小鷲倉(10:55)---和賀岳(11:30~12:00)---小鷲倉(12:25)
---小杉山(12:45)---薬師岳(13:25)---甘露水(14:55)

ちなみに,移動は高速を使って片道約3時間半.
すぐに行けないのがいいところ?
[PR]
by dakuroh | 2007-07-08 16:59 | トレッキング