カテゴリ:テレマーク( 334 )

12/29 白石

日付;平成25年12月29日
場所;白石
天候;雪
靴;Vinson
板;Uinta

冬型がきまって白石にもいい雪が.
朝から新雪を堪能,2時間滑って終了.

a0043193_15275763.jpg

[PR]
by dakuroh | 2013-12-29 15:28 | テレマーク | Comments(2)

12/23 白石

日付;平成25年12月23日
場所;白石
天候;小雪
靴;Vinson
板;Uinta

結局3連休も毎日職場へ顔を出し.
最終日午後だけ白石へ.

この時期としてはブッシュもなく上々のコンディション.
中斜面メインに反復練習.
徐々に滑りの感覚が戻ってきた.

2時間ほど滑り帰宅.

a0043193_18492840.jpg

[PR]
by dakuroh | 2013-12-23 18:49 | テレマーク | Comments(0)

12/15 山形蔵王

日付;2013年12月15日
天候;雪
靴;Excursion
板;Guide

シーズン2回目も蔵王.
今週から横倉,黒姫エリアもオープン.
黒姫から始まり,横倉,ユートピアで回す.
上の方は視界が悪かったので,横倉を中心に.
この時期としては珍しく横倉の壁にしっかり雪がついていました.
2時間半ほどノンストップで滑り帰宅.

a0043193_1514145.jpg

[PR]
by dakuroh | 2013-12-15 15:19 | テレマーク | Comments(0)

12/8 山形蔵王

日付;2013年12月8日
天候;晴れ時々雪
靴;Vinson
板;Outabounds crown

13/14シーズン初滑りは山形蔵王.
9時半に到着するとセンター,横倉ともほぼ満車.

下のゲレンデはまだブッシュが出ており滑走不可.
山麓線に乗りユートピアゲレンデで足慣らし.
1本目はイメージとのギャップが埋まらず.
3本目くらいから調子が出てくる.

午前中8本ほど滑り,とど松ヒュッテで昼食.
午後は山頂線に乗りお地蔵さんに参拝,ザンゲ坂,パラダイスを滑る.
上部ゲレンデはブッシュもなく,この時期としてはいいコンディションでした.
横倉を降りている人もいたが,板がもったいないので最後は無理せず山麓線で降りる.

帰途,13号沿いに「とん八」の新しい店を発見.
今度,蔵王帰りに寄ってみよう.
[PR]
by dakuroh | 2013-12-08 16:59 | テレマーク | Comments(0)

12-13シーズン総括

12-13シーズンを総括.

(シーズンデータ)
滑り初め;12月24日
滑り納め;5月12日
滑走日数;32日

ゲレンデ(20回,ツアー重複あり);泉谷 x5,JxJ x4,白石 x3,国見平 x3,間沢 x1,セントメリー x1,Liza x1, すみかわ x1,夏油 x1

ツアー(14回);刈田岳 x2,白髪山 x2,北泉 x1,船形 ×1,姥ヶ岳 ×1,鳥海山 x1,村山葉山 x1,家形山 x1,安達太良山 x1,吹越山 x1,焼石岳 x1,笹谷 x1

(使用ギア)
靴;Excursion ×16,ビンソン ×11,X-adv7 ×5
板;Guide ×16,アウタバウンズクラウン ×7,GT ×5,Uinta x4

(新規購入品)
BD12本爪クランポン(新古品)

(シーズン総括)
1.ツアー;時間のない中での速攻ツアーに一定のパターンができた.
・車移動は片道2時間以内,車内の時間も無駄にしない(英語シャドーイングなど)
・移動もツアーに含め,道路状況がシビアな時は出撃しない
・ハイシーズンは原則的に往復コース,春になったら周回コースも可
・道迷い・怪我・道具トラブルを避けるため,ルート取り・滑りとも無理をしない.
・ツアー日の夕方7時には記録整理・道具メンテも含めた後片付けを終了し,月曜日に疲れを残さない
今シーズンの達成率は96%程度(泊まりの場合を除く)

2.ゲレンデ;ツアーに向けての練習場.シーズン初めを除くとナイターか出張ついでが多かった.ディープパウダー以外は革とBCクロカン使用率高し.

3.道具;Excursion+Guide+Switchbackが定番.今シーズンは新規の板・靴購入なし.来期はフラットソールBCクロカンとパウダー用ウロコロッカーが欲しいアイテム.

4.技術;以前受けたまほろば講習を反芻して練習したが,来期は久しぶりに講習にも参加したいところ.

(来シーズンへ向けて)
・近場でさらにツアーの選択肢を増やす.特に蔵王・船形・栗駒.
・肘折コースは来期に持ち越し.
・楽しむためには体力も必要.そのためシーズンオフも運動を続ける(夏山,ジョギングなど).
[PR]
by dakuroh | 2013-05-19 10:27 | テレマーク | Comments(0)

5/12 文殊岳

日付;平成25年5月12日
メンバー;単独+1
山名;文殊岳,笙ヶ岳
天候;晴れ
靴;Excursion
板;Guide

GWが不完全燃焼だったので,今週鳥海へ.
下界は曇りも,ブルーラインを上がると晴れ間.
県境Pに何とか駐車し,9時過ぎに登り始める.

日差しは強いが,微風もあり登るにはちょうど良い.
雪は多く,御浜小屋は屋根がわずかに出るだけ.

1800mから上はガスと晴れ間がめまぐるしく入れ替わる.
12時ちょうどに文殊到着,昼飯を食べて晴れ間を待つ.
天候待ちで一緒になった地元の方と一緒に千畳ヶ原へ降りることに.

雪はザラメに所々ストップ雪.
雨の後だが縦溝はまだなし.

千畳ヶ原まで滑った後は,鳥海湖~笙ヶ岳まで登り返し,西斜面を滑る.
下山するころには山頂付近のガスもすっかりとれていた.
GW明けで渋滞もなく,6時半に帰宅.

a0043193_20302924.jpga0043193_20303882.jpga0043193_20304671.jpga0043193_20305314.jpga0043193_2031326.jpg
[PR]
by dakuroh | 2013-05-12 20:31 | テレマーク | Comments(0)

4/27 姥沢

日付;平成25年4月27日
メンバー;dakuroh, nuno, otm, tmm
山名;姥ヶ岳
天候;雪
靴;Excursion
板;Guide

肘折コースの予定も,悪天候のため姥沢界隈ステップ遊びへ変更.
otm夫妻と合流し,NCへ車1台デポし姥沢へ.
リフト運行休止をうけて続々車が下りてくる.

風雪が強いため,姥沢裏から林へドロップイン.
柔ザラメの上に新雪が乗り,予想外の快適滑走.
開けたところまで滑り,ウロコで登り返し2本追加.
雪がミゾレに変わり,ウェアに染みてきたところで姥沢に登り返し終了.

ここからがメインイベント.
まず仙台屋で風呂,服を着替えて「まるきや」で冷肉そば.
次は最上川を何度も渡りながら肘折温泉へ車で移動.

3時前には「西本屋」へチェックインし,「寿屋」でもりそば.
腹ごなしに川沿いを歩き,巨大雪だるま「おおくらくん」で記念撮影.
温泉街の店をひやかした後は,共同浴場「上の湯」で入浴.館内の温泉にも入浴.
逗留中,肘折源泉のうち4種類を楽しむ.
おいしい夕食に舌鼓をうち,ビール・どぶろく・日本酒を傾けながら語り合う.

翌日は朝湯をつかって腹が空いたところでまたおいしい朝食.
大蔵でotm夫妻と別れ仙台へ.

悪天候にもかかわらずの充実ツアー.
みなさん,ありがとうございました.

a0043193_12305956.jpga0043193_12311156.jpga0043193_12312168.jpga0043193_12312983.jpg
[PR]
by dakuroh | 2013-04-28 12:31 | テレマーク | Comments(2)

4/14 焼石岳

日付;平成25年4月14日
メンバー;単独
山名;焼石岳
天候;晴れ
靴;Excursion
板;Guide

平七沢まで道路が開通したのに合わせ焼石へ.
朝6時半にゲートへ到着すると多くの車.
そそくさと準備をすませ,登り始める.

午後から下り坂の予報なので,早めに滑り始めたいところ.
朝のうちは気温も低く,まずまずのペースで登る.

ブナ原生林の次は湿地帯で水芭蕉を楽しむ.
銀明水小屋を過ぎたあたりから,少し高曇りに.

山頂には10時半に到着.
遠望はきかなかったが,天気がもってくれただけで充分.
山頂でデコポンを食べてから下り始める.

銀明水から上は,フィルムクラストと最近降った極悪ストップ雪が交互に出現.
なんとかフィルムクラスト部分を探して滑る.

銀明水から下のブナ原生林はちょうどいい塩梅のザラメ.
鼻歌交じりに滑る.

林道近くは春の強風で落ちた枝葉の撒菱地帯.
ここを慎重にこなして12時半に車へ戻る.

天気に恵まれた充実ツアーでした.

a0043193_155646.jpga0043193_15561637.jpga0043193_15562926.jpga0043193_15564051.jpga0043193_15565156.jpga0043193_1557237.jpga0043193_15571432.jpg
[PR]
by dakuroh | 2013-04-14 15:55 | テレマーク | Comments(2)

4/1 夏油

日付;平成25年4月1日
天候;晴れ
靴;Excursion
板;Guide

出張帰りスキーも最終回.
大トリは夏油で.

コースは昨日降った重雪で快適とは言いがたいコンディション.
最初の2本ほどは今ひとつ調子が出ない感じ.

しかし,南向斜面を探すといい感じのザラメ.
南向きのA-0を中心に滑る.
最後は駐車場まで滑り込んで終了.

a0043193_19261894.jpga0043193_19263187.jpg
[PR]
by dakuroh | 2013-04-01 19:26 | テレマーク | Comments(0)

3/30 刈田岳

日付;平成25年3月30日
メンバー;単独
山名;蔵王(刈田岳)
天候;晴れ
靴;Vinson
板;Outabounds crown

用事が予定より早く終わり,外をみると絶好の山日和.
遅いスタートながら刈田岳,今回は宮城側から.

すみかわスキー場につくと,駐車場にはすでに下山してきた人々.
14時きっかりにゲレンデトップから登り始める.

風がなく視界も良いので1時間弱で山頂へ.
日が傾いてきたので,休憩もそこそこに滑り始める.
思ったほど雪面はゆるんでおらず,山頂直下はハードバーン.ここは慎重に.
それでも1450mあたりからフィルムクラストが出始め,1300m以下はザラメ.
駐車場の上で雪が切れかかったが,何とか板をはいたままゴール.

今週は登れると思わなかったので,かなり得した気分.

a0043193_8162618.jpga0043193_8163635.jpga0043193_8164582.jpga0043193_8165238.jpg
[PR]
by dakuroh | 2013-03-31 08:17 | テレマーク | Comments(0)