<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

老馬

dakuroh号,8歳3ヶ月,走行距離150,000km.

本日のトラブルは,
ブレーキキャリパー動作不良で左前ブレーキ焼き付き.
なんとかディーラーにたどり着いてドック入り.
今は代車のスーパーチャージャー付R2だす.

小さい車もいいね.
[PR]
by dakuroh | 2006-10-29 21:45 | 日々雑感

10/28山形神室,仙台神室

久々の山行は近場,アクセス楽な神室岳に決定.

日付;平成18年10月28日
メンバー;単独
山名;山形神室,仙台神室
天候;晴れ

出発時は朝霧が残っていたが,川崎町に入る頃から晴れに.
登山者でにぎわう笹谷峠Pから登り始める.
ハマグリ山を越えると先の縦走路が見えてくる.

a0043193_17325953.jpg
トンガリ山と
山形神室

さらに進むと仙台神室の魁偉な姿もa0043193_17332767.jpg
仙人沢の
先に仙台神室

急坂を登り切ると仙台神室山頂.
二口山塊~船形連峰の眺めが良い.a0043193_17333873.jpg
大東岳
手前に磐司岩
後に船形連峰

山頂でランチの後は往路を戻る.
a0043193_1735786.jpg
山形神室への縦走路

アップダウンが徐々にきいてくるが,眺めの良さに助けられる.a0043193_1733479.jpg
トンガリ山
ハマグリ山
背後に蔵王

途中で会った単独行者と情報交換,「仙人沢コースは静かでいいですよ」と.
今度はそっちだな.

笹谷峠(9:20)---ハマグリ山(9:45)---トンガリ山(10:10)---山形神室(10:30)
---仙台神室(11:20~11:40)---山形神室(12:15)---トンガリ山(12:35)
---ハマグリ山(12:55)---笹谷峠(13:25)
[PR]
by dakuroh | 2006-10-28 17:24 | トレッキング

new gear

「秋の物欲祭り」つーわけで.
注文しちゃいましたハーフエッジクロカン板.
来春これでツアーに出るのが目標.
[PR]
by dakuroh | 2006-10-22 21:40 | テレマーク

10/9和尚山

三連休も前半は暴風雨のため山行不可.
最終日は東北南部で晴れるらしい,つーわけで南へgo.

日付;平成18年10月9日
メンバー;単独
山名;和尚山,安達太良山,船明神山
天候;曇り時々晴れ

まずは石筵から和尚山を目指す.
途中に名勝「銚子ヶ滝」の表示,せっかくなのでちょいと寄り道.
a0043193_213589.jpg銚子ヶ滝
石筵川を渡った後は樹林帯の登り.
単調だが,道がえぐれていないので歩きやすい.
a0043193_21355480.jpg樹林帯

和尚山から安達太良山にかけては紅葉が進んできている.
a0043193_1525920.jpg鞍部の紅葉

a0043193_21364623.jpg安達太良山

鞍部からは安達太良山へ最後の登り.
振り返るとどっしりとした和尚山の姿が見える.
a0043193_2137985.jpg安達太良直下
から和尚山

安達太良山頂の岩場は順番待ちの列もできるほどの混雑.
ここはスルーして船明神方面へ.
右手には沼の平,硫化ガスの臭いが流れてくる.

こちらのルートは山頂の喧噪が嘘のよう.
さらに船明神から石筵方面へ分かれると誰もいなくなった.
a0043193_21372792.jpg沼の平

実はここからが本日の核心部.
先日の暴風雨で登山道は倒木だらけ,これを越えるのに難儀する.
越えたと思ったら登山道に熊の糞.
周りは笹ヤブで,少し進んだらきつい獣臭が漂ってきた.
「ハイハイハイ,ちょっと通してね~」と声をかけて歩く.

ヤブを抜けた後はホイッスルを鳴らしたり耳を澄ませたりしながらゆっくりと下山.
久しぶりに緊張しますた.

登山口(8:00)---銚子ヶ滝(8:40)---和尚山(10:30)
---安達太良山(11:40)---船明神山(12:00)---登山口(14:35)
[PR]
by dakuroh | 2006-10-09 19:07 | トレッキング

紅葉の栗駒,ダダ混みのイメージが強くこれまでは敬遠.
湯浜コースなら空いてる?つーわけで行ってきました.

日付;平成18年10月1日
メンバー;単独
山名;栗駒山,虚空蔵山
天候;晴れ時々曇り

朝ゆっくりでも398号はスイスイ,家から2時間弱で湯浜へ到着.
湯浜温泉横の登山口から歩き始める.

樹林帯の中はところどころツタウルシが赤くなっているくらい.
a0043193_22523424.jpg
ブナ林は
まだ緑

樹林帯を抜けたとたん,緑のモノクロからフルカラーへ.a0043193_22524395.jpg
虚空蔵山

草紅葉と錦繍の中,木道をまったりと登る.
a0043193_22533915.jpg
輝ける道

山頂へ近づくにつれ,赤が鮮やかになっていく.
a0043193_2253152.jpg
山頂方面

a0043193_0374638.jpg
山頂直下で

須川方面からのルートに合流したとたん人の波.
山頂は踏むだけでそそくさと下山,昼飯はヤブをちょっと漕いで虚空蔵山頂で.
a0043193_22531070.jpg
虚空蔵山頂
から御駒・秣岳

この紅葉の中,見渡す限り人影なし.a0043193_22531846.jpg
御駒岳
a0043193_22532915.jpg
御駒岳~山頂

贅沢な時間を過ごした後は下山,気分良く口笛吹きながら歩く.
湯浜温泉でさっぱりしてから帰宅.
いや,マジでいいわ湯浜コース.

登山口(9:40)---虚空蔵十字路(11:50)---栗駒山(12:35)
---虚空蔵山(13:25~13:45)---登山口(15:40)
[PR]
by dakuroh | 2006-10-01 22:53 | トレッキング