<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

寝た子を起こす

週末は土日とも天気良さげ.
久しぶりに泊まりでどこか行きたくなってきた.

大清水,唐獅子,滝の小屋,清川

小屋でまったりするだけでもいいかな~.
[PR]
by dakuroh | 2007-05-30 22:47 | 日々雑感

シーズンオフ

今週も山に行けず.
今年はこのままシーズンオフになりそう・・・むぅ,不完全燃焼だ.

つーわけで,これから秋までの目標を立ててみた.

1.今年こそ飯豊デビュー
2.そのためにも体力作り(山に行く,自転車に乗る,時には走る)
3.ついでに体重も-5kg/6ヶ月

さてさて,うまくいくかな?
[PR]
by dakuroh | 2007-05-27 21:32 | 日々雑感

名古屋出張

木,金と出張で名古屋へ.

特記事項は,
1.初めて「ひつまぶし」を食す・・・あつた「蓬莱軒」にて
2.久しぶりに寝台列車に乗る・・・寝台急行「銀河」

仕事上のヒントも頂き,モチも上がって良いことずくめ.
[PR]
by dakuroh | 2007-05-19 00:37 | 日々雑感

5/13植物園

昼過ぎには天気回復,しかし強風の予報.
こんな日は無理せず安近短.
午後から東北大学植物園へ.

場所は青葉山,市中心部から自転車で15分.
青葉城の御裏林として伐採を免れ,自然度が高い.

a0043193_1861384.jpg
本館

a0043193_1864824.jpg
混合林

a0043193_1871519.jpg
コナラ

a0043193_1872877.jpg
ミズナラ

a0043193_1874054.jpg
ヒメシャガ


お気に入りの場所が増えますた.
[PR]
by dakuroh | 2007-05-13 18:07 | 日々雑感

5/9月山

GWの代休,朝ゆっくり起きて月山へ.

日付;平成19年5月9日
メンバー;単独
山名;月山
天候;晴れ

靴;ビンソン
板;アウタバウンズクラウン

リフトに乗ったのはちょうど12時.
姥か牛首のボウルで遊ぶつもりでステップソール.

月山とはいえ,平日はさすがにガラガラ.
a0043193_23574640.jpg
姥東ボウルと
スキーヤー

ウロコでウロウロしながら高度を上げる.
a0043193_23581117.jpg
牛首

雪の切れる1850mで登行終了.
a0043193_23583131.jpg
品倉尾根

姥東ボウルへ戻り,ザックを下ろして繰り返し滑る.
同じようなテレマーカーが他にも2人.
みんな好きねえ.
a0043193_23584816.jpg
登り返し隊

いい汗かいて帰宅.
ビールがうまかった.
[PR]
by dakuroh | 2007-05-11 23:59 | テレマーク

5/4鳥海山(大平)

翌日は「目指せ文殊!」を合言葉にスタート.

日付;平成19年5月4日
メンバー;dakuroh,おーともちっく,アドレナリンズ
山名;鳥海山
天候;曇り時々晴れ

登り始めはやはりガス.
まずは旗竿沿いに.

一瞬の晴れ間に見上げると,斜面には無数のスキーヤー.
a0043193_21485177.jpg
御浜へ

1600mから上では視界不良,さらに強風.
御浜小屋に逃げ込んでランチ&天気待ち.
昼まで待つも晴れる気配なし,文殊はあっさりあきらめる.

滑り始めたところ,ガスが切れて視界が開けた.
ここで転進,再度笙ヶ岳を目指す.
少し経つとまたガス.
天気待ちの間,することもなく・・・歌う.

願いが通じたのか,歌うと晴れる.
山神のお気に入りは「beutiful name」ということも判明.

あとはガスにもまかれず快適に滑る.
a0043193_21483584.jpg

登り口近くで晴れてきた.
a0043193_2149517.jpg
やっと見えたよ
日本海


下山後は定番「鶴泉荘」で入浴し,酒田へ.
「Mの会」の飲み会に参入,おいしい海の幸に舌鼓.
おーともちっく氏宅に泊めてもらい(多謝),翌朝仙台へ戻る.

この日はさすがに「仕事やんだぐなった」
[PR]
by dakuroh | 2007-05-11 21:49 | テレマーク

5/3鳥海山(大平)

今年もGWは鳥海へ.
天気には恵まれなかったが,マターリ過ごせました.

日付;平成19年5月3日
メンバー;dakuroh,おーともちっく,GUNさん,アドレナリンズ
山名;鳥海山
天候;曇り時々晴れ

おーともちっく氏とともに大平へ.
ゲート前には見たことのある顔がチラホラと.

まずは大平小屋へ寄って荷物をデポ.
周囲はまだガスっていたので,小屋で天気待ち.
 
午後になり,ガスが切れ始めたので外へ出る.
アドレナリンズの二人も上がってきて4人で登り始める.

登っていると,下から見覚えのある二人が追いついてきた.
なんと先行していたはずのGUNさん,やっさんが一度滑ってから登り返し.
総勢6人となり笙ヶ岳へ.
a0043193_23122644.jpg
笙ヶ岳へ

下りはガスの切れ目との勝負.
視界が開けた瞬間,皆「それっ」と滑る.
a0043193_2312355.jpg
一瞬の
晴れ間

最後は濃いガスにつかまり,慎重に登り口へ.

大平山荘で汗を流し小屋へ.
小屋では餅やらスペアリブやらキノコ汁やら水炊きやら.
「もう喰えん」といいつつほとんど食べますた,ごちでがんす.
[PR]
by dakuroh | 2007-05-09 23:12 | テレマーク